上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の色


4/12のイースターに向けて
イエスの十字架の死から復活…その後のストーリーを絵にしようとしています。


今回は仕掛け絵本(紙芝居?)にしようと思っています。
ポップアップではないけれど、、、ちょっとアミューズメントがあった方が
物語に興味がもたれるかなと思いまして。。。


絵にするということは聖書研究にもなりますね。。。
『私のような足りないものが大丈夫だろうか…』とも思いますが、
発表は別とし、この機会と動機を与えてくださった主に感謝しやるだけです。



バッハの受難曲のアリアをかけながら、
でも頭の中ではなぜか「誰が殺したクックロビン…」とずっと呪文のようにグルグル回っています^^;
(懐かしのパタリロ!…もとは「コマドリの死と埋葬」/マザーグース)

でもね、埋葬の様子を描きながら高のことが重なってしまって。。。
昨晩は何度も目が覚めました。
高がトイレに立つ気配がした気がして。。。
今回のイースターは前にも書きましたけど特別です。


イエス様が復活してくれて良かった。





春の影に

まだ下絵4枚。。。



イースターに間に合わせることより、自分なりに描ききりたいのです。

主の導きなしにはできない仕事ですので祈りつつ。。。




お見せできるかどうかはまだわかりませんが、

どうぞ、とりなしのお祈りをお願いいたします。 









スポンサーサイト
この記事は ↓ の記事 『 神の猿真似 』 の続きです。 

青い空とぐるぐる雲

下手な写真で申し訳ないけれど、なんせ空が狭いので赦してください。。。
ちょっと青深くしてあります。



前の記事の本を読み終えた私は洗面所に駆け込みました。



愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる愛してる・・・・・



胸から突き上げる
誰も彼も草花すら愛しく
誰にも侵されることのないだろう愛。
見返りなどいらない。ただ愛しているから私は幸せ。。。


家族、友人、知っている人、顔を知らない人、近所の人、道行く人。。。
誰も彼もが愛しくて仕方がない気持ち。



どうしたんだろう。

でもしってる。

これが神のご性質。。。



ただその末端にほんの少し触れられたんだ。。。。




その後20分ほどして近くの銀行の支店長さんが来ることになっていて
それまではイヤだなって思っていたんですけど
でも、そのときはもう全然抵抗がなかった。

そしたらその支店長さんのお父さまが聖マリア病院でなくなる前に
洗礼を受けられたという話を聞くことが出来ました。
肺がんの痛みで麻薬のせん妄がひどくても、シスターのお話を聞くと楽なお顔になって
ポジティブな夢のようなせん妄に変わるのだそうです。

支店長さんは洗礼を受けていないけれど、
信仰を持つ人のすごさ、神の実在を感じられたこと、
そして信仰を持つならばキリスト教で…と思っていることなど。。。
高の信仰をもった生きざま、死にざまのことも含め、長い間そんな話をすることが赦されました。

不思議だな。。。
なんでそういう風に回っていくかな。。。



実務的には貸し金庫(月千円ですって!けっこう身近な感じ…)を借りることにしました。
一つおさえてもらいました。
これで旅行中も安心^^


あ、葬儀に必要なお金は、亡くなった方名義の閉鎖された口座であろうと
葬儀屋さんの見積もりなど「葬儀に必要という証明」になるものすらあれば
引き出せるそうです。
どこの銀行でもそうだそうです。でも普通の方はご存じないとのことでした。


どっちにしろ高の普通預金は1行では葬儀分には足りなかったですけど^^;



最後お金の話になっちゃったけど^^;

ホントに・・・


あなたがどんな人であろうと、私はいつもではないかもしれないけれど…

でも神様だけはあなたを愛してます!!

それは神様があなたの創造主だからです。表現としての作品だからです。

どうぞ安心して健やかでいてください。。。大丈夫です。



ギボウシの捧げ物


今日は朝からやっぱり風邪っぽくて、高にうつしたら大変だし、体もきつかったので
礼拝も病院もお休み。。。サボリじゃないって! (誰も言ってないよ。。。ひとりで焦ってる^^;)

昨日電池を入れたからカメラもバッチリ!

でも散歩は脚が痺れた~。雨の日は腰が痛い~! 
(ってどっかで聞いたような。。。真似してるだけ。。。エヘッ^^)




高はメールによると熱も下がったようです^^!
痛みはどうかな?
お母さんや、妹のYちゃん (高と顔がそっくり) が時間をずらしてついていてくれているし、
マンボウちゃんもお見舞いに行きたいってメールが入っていた。。。
主ともにいますから大丈夫!


おとといの夜洗濯したものがまだ乾かないです。。(ー mー;)
高は食っちゃ寝の入院生活ですこしメタボってる^^!ので
「このパンツはゴムがきつい!」とか言い出し、はけるパンツが1/2になってしまった。。。
洗濯生活ですよ。。。買ってくるか。。。





札幌はすごく過ごしやすい夏と言うか、寒いですよ。
今日は雨もシトシトでムシムシですけど、気温は22℃。。。
長袖のガーゼシャツ着てるけど、ちょいと寒くて首にハンカチ巻いたりして。。。

で、去年は10月ごろ咲いていたうちのムクゲが咲き出した!
早くてもお盆ですよね。。。今雨の中撮ってきたから見てね。。。

もう咲いた!うちの八重ムクゲ

なんかうちは、バラも芍薬もムクゲもアップにしたらみんな同じ感じだわ~^^;




今日は礼拝に行けなくて(本当は召天者記念礼拝)、
久しぶりにちびっこギター(こけちゃんのダンナさま作)を出して、
おぼつかないながら賛美歌の弾き語り。。。
召天者にふさわしい讃美をと思ったら、ものすごく慰められました。。。


「主よ、みもとに近づかん」
「あるがまま我を」
「いつくしみ深き」
「主よ御手もて」
「久しく待ちにし」
「静けき祈りのときはいと楽し」
。。。他にもたくさん。。。



高もこんなひとときが好きで、「もっと歌って…」って言ってくれたこともありました。
またこんなときがもてますように。。。

ホスピスに行ったら歌舞音曲はゆるしてくれるのかな?(舞はない。舞は…^^;)
ゆるしてくれますように。。。

私、コードとかまったく弾けないから、アルトとかテナーをギターで弾いてメロディーを歌いました。。
涙が出て困りました。。。


でもその中で聖霊がともに讃美してくれているような、
慰められたり、諭されたり、愛に包まれている気がして
ゆたかな礼拝のひと時でした。





弦の揺れ

クモの巣だけど、ギターやバイオリンの弦の揺れのように見えました。
風が吹くたびどんな讃美を奏でているのかな? (お、柄になくメルヒェンだね^^;)



自然は被造物は人にわからない讃美で、いつもいつも創造主神をたたえているのですって☆”!




コスモスのアトモスフィア

昨日敬愛する緩和ケア医師であり、主にある兄弟の、K兄のホスピスに行ってきました。

そこで覚悟するように言われました。高のいのちはおそらく月単位であろうと。。。
「これは医師として経験からお伝えしなければならないもので、もちろん人の生死はわかりません」


医大に戻り、高にはもちろん言っていませんが、付き添ってくていた妹には伝えました。
とても落ち着いていました。
かえって感謝することと、愛することの大切さを教えてもらっちゃった。

お母さんにも電話しました。
お母さんも覚悟していました。
しばらく足が遠のいていた教会(若いときに洗礼を受けた)にまた行こうと、
どこの教会がいいかアドバイスを受けながら探しています^^


私も同様。高のみならず自分自身、きっちょの死もいつも身近にあるものと覚悟しています。
だからこそ、今日一日の無事と愛するもののいのちが一層愛おしく、主に感謝できるのかと思います。



しかし主は癒せる方。
現実にとらわれずにただ主を信じ、平安をいただきます!





今朝読んだデボーションの本をご紹介します。


ジョージ・ミュラー 「信仰」


恐れないで、ただ信じていなさい (マルコによる福音書5:36)


神に信頼するからには、次のことはかたく心に刻んでおきましょう。
主イエス・キリストの救いと、神の栄光と善となるすべてのことについてご自身により頼む人を、
神は喜んで助けようとします。
心は穏やかで平安を失うことはありません。
神の力や愛のうちにあり、それでも平安を失い、心が惑わされるのは、
私たちが実際に信仰を手離したときだけです。

見ることをやめたときが信仰の働くときであることを忘れないようにしましょう。
困難が大きければ大きいほど、信仰は働きやすくなります。
何かの助けが予想されるときは、すべての見込みが失われたときほどすぐに、信仰はわきおこらないものです。 

この世の地位や教会での立場に関係なく、神の子どもはみな、自分のからだやたましい、仕事、家族、
教会での立場や奉仕などすべてのことについて、神様に信頼すべきです。
そうすれば、必ずその結果としての祝福に与ることでしょう。

まず、心と思いを要塞のように守る神の平安がおとずれ、次に状況や、場所、人々などから真に自由にされます。

信仰は状況をはるかに越えるものです。
戦争も、洪水も、火事も、事業の大問題も、友人を失うことも、死ですら信仰を脅かすことはできません。
信仰は歩みを確かにします。信仰はどんな困難にも勝利をおさめます。

信仰はもっとも困難なときに、もっともたやすく働きます。
心から神に信頼する人はどんな試練や困難がやってきても助けられます。
ひとり子の死と復活に表された神の力とその愛を知っているからです。


天の父なる神様。
きょう、私の信仰を周囲の状況よりも高く引き上げてください。
行く手をどのようなものが阻んでも、あなたのひとり子キリストの復活の力に安らぎ、
あなたの右に座っておられる御子キリストを見上げることができますように。
あなたの変わることのない愛にしっかり頼れるように、私を強めてください。
アーメン





さっきまでボーっとしていましたが活力がみなぎってきました^^!
では、行ってきます!


種から育てたサルビア・ホルなんとか^^;


種から育てた苗たちがやっと花を付けてくれだした今日この頃。。。
しかし南側の木の剪定が行き届かず陽があたらなくて、かなり悲しいことになっています^^;
でも寄り添いあってがんばってるよ!




うーん。。。強いって憎まれるのかもしれないですね。
強くなんてないけどね。
弱さの中で必死なんだけどね。


ヨブ (旧約聖書 ヨブ記) の妻が、ヨブに対して言うじゃないですか。
「神をのろって死になさい」 (ヨブ2:9b)

子どもをあっという間に奪われて、ヨブには当時忌み嫌われた悪性の腫れ物が全身にでき、
茶碗のかけらでかきむしる。。。
それでも神を敬う夫ヨブに対しての憤り。。。

私、妻の気持ちもわかりますよ。。。今の私とは違うけど、でもわかる。。。女らしい。不安なんですよね。

そして、「あなたは強いね。何でそんなに強くいられるの?」って、私よく言われるんですけど、
これと似てると思います。。。
ヨブの妻には夫の姿が見ていられなかっただろうし、
また神への妄信(!)が亡くした子どもへの愛より勝っているように思えたのかもしれません。。。


で、応えるヨブの言葉が私は大好き! (特に初めの部分…妻への愛情を感じる…見習いたい…)

「あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。 (←コレ!^^)
私たちは幸いを神から得たのだから、わざわいをも受けなければならないではないか」 (ヨブ2:10)

落ち着いて、力強い。。。(このあとさすがに弱くなりますが…^^;)



私が戦うのは、アンチ信仰の裏にいるサタンと、(その人でなく・・・もちろん自分自身の不信仰も!)
ある程度は医者!(疑問を率直にぶつけると言う意味で・・・というか、強いものに強い私…^^;)
(看護師さんとは戦っていませんてばぁ^^; ←これは私信です^^)






ご近所の白い額アジサイ

しかし今回はどうしたもんだか、
整形の執刀医は週一しか医大に来ないし、
頼みの麻酔科医もちょうど出張が重なり不在。戦う相手がいないじょ。。。 (戦うってのは冗談ですって^^;)



絶えず痛いか、気を失うように寝ている高をどうしてあげていいのか、看護師さんもわからず、
高の状況もわからないまま 「こうしたらどうかな?聞いてあげるから…」 と。。。
それはもう無理だと言われているのだけれど、
高は 「そうだね。そう出来ればいいね・・・」と。。。
これは高の淡い期待と思いやりで、私は黙って聞いていました。。。



『やっぱり急性期の看護体制の病院では、高の面倒を診るのには限界なのかもしれないな…』
と思っています。
看護師さんがバタバタしてる。。。どうにかしてあげたい気持ちがあるからだけど、高を不安にさせる。



サイコオンコロジーの医者の友人からも
「もともと医師も看護師も急性期に向いている人間とターミナル期に向いている人間がいて、
しかも訓練によって歴然と差がつく」 と聞きました。
ターミナル期の医療なんて受けたことないから知らないけれど、選択できるんだものね。
今がその時期かは相談してみなければわからないけれど。。。


薬をいくら増やしても痛みが取れないなら、
うちにいるのと変わらない。
むしろ家の方がいいのかもしれない。


ホスピスならどんなケアをするんだろう。。。
K兄(先生)のところ、明日かあさってあたり行ってみようかな。。。






木陰の小スズメちゃん

高は一日中痛みと戦っています。
そして、毎晩眠れず、聖書のCDを聞いています。
目もいよいよ見えなくなってきました。



主よ、ご加護を。。。

しかし、ご飯は食べ、便もでています。。。感謝です。
とにかく生きて、目(瞳の輝き)も死んでいない。。。むしろ透明に輝いています。

主よ、私たちの、今あるいのちに感謝しています。


創造主である…父、御子イエス、聖霊の三一の神に讃美を捧げます。




「そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません」 
                                             (マタイによる福音書10:29b)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。