上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          幹から梢をのぞむ


何の樹だかわからないけれど、背中を幹につけて暮れていく空に枝を広げる梢を撮った。

今日もたくさん眠って、たくさん夢を見た。。。

妙に現実的で、色も付いていて、近未来のような明日にでもおこるような。。。



死と生は連続している。。

たくさんの死を超えて今いきている自分を思う。

肉体には形あるものには、それがある意味がある。。



この枝たちも葉をつけて、繁るころには

「え、空に向かって伸びる血管みたいだった?そんなことどうでもいいの。。
今は呼吸をしなくちゃ。光合成しなくちゃ。。!」

って、言うんだろうな。。。



もう写真におさめたよ^^! 心を閉じてじっと死の姿をさらしていたあなたを撮った。

それはそれで美しかったんだ。。。

これも生の一部分。。。




 
なみだを食べる魚(コピー)


挨拶代わりに。。。先月描いた絵です。


このさかなは水に溶けた涙を食べます。

エラで濾して、たくさん排泄して元気にしています。

そして、人が流したなみだを忘れたころ

食卓に上ります。

私たちを満たす美味しいさかなとして。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。