上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVD.jpg


先日の日曜日、コンサートのCDができてきました。
やっぱりラインで録っているのでとても音がいいですね^^

私は実はご挨拶やらなにやらでけっこう会場を離れることが多かったので
改めて聴きなおし、感動したり感心したりです。
こんなに上手な人が集まってくれたんだな。。。とシミジミ。。。
高はこの曲こう吹いたなーとか、いろいろ思い巡らせました。

MCも入れてもらいましたのでそれぞれのみなさんの思いも聴けて
「コンサートやってよかったー!」と大満足なのでした。

来てくださったすべてのみなさんに感謝申し上げます。


CD3枚組となりました。
業者さんが1枚800円と言うので、定価3200円のところ
大出血サービスで2500円でご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。
差額は私が持つか値切るかします^^;
チャプター付、アバウトですが曲目及びメンバーもクレジットされています。
(飛び入りは入ってない方も…)

メアドは azutenor1024@gmail.com  (コピーしてメール送信欄にペーストしてください)
宛名は「もときっちょむ」でお願いします。
こちらからお返事差し上げます。

ほしい方に無料で差し上げたいのですが、
何分すごい作業になりますので私のコピー作業では頭と体が無理。
エラーもあるだろうし。。。
で、録ってくれた業者さんに頼もうと思っていますので高額ですがご了承ください。
ただしオープニングの私のソロと挨拶お祈りは録画を忘れたそうで入っていません^^☆






2009.11.9 005


写真はDVDをPCで見ているところをカメラでパシャ。
上のはG-BOPメモリアルバンドですね^^
下のはアメイジンググレイスのセッション後半です。



DVDは張り付いて録っていたわけではないのでメモリ(?)の取替えで
けっこう入っていない部分もあります。
でも音だけではわからない雰囲気が伝わってきてこっちも楽しいです^^
カメラは据え置きです。左右入っていない方はいます。ごめんなさい。

具体的には1部と2部の頭少しと[Nigt Walk] [Tristeza] が入っていません。
両方とも…残念!ナイトウォークの方は私がカメラの前で踊ってしまったからかも。。。(T-T)
こちらはCDでどうぞ。


DVDは1枚なので私でも何とかコピーできるかなと思っています。
ご希望の方はこちらも上のメアドにご連絡ください。
ただしCD・DVDとも、当日参加者と案内状を差し上げた方、お顔を存じあげる方、
もしくは以前からブログで相互コメで親しくさせていただいていた方のみとさせてください。
無料で差し上げます。
CDと差がつきすぎですが、今度あったときにでもケーキセットとかご馳走してください^^
(どっちが高くつくかわかりませんぉ?)


すぐお申し込みいただいても多分年末にお手元に届くかどうか。。。みたいな
そんなアバウトな見当でお願いします^^; 
(DVDはいつ申し込まれても基本的に大丈夫です)




<追記>

CDの内容です。3枚セット2500円。1枚ずつでもけっこうです(1枚800円)。
11/21(土)までにお申し込みお願いいたします。


disc1 My Funny Valentine/Old Forlks/Naima/Mornin'/Record/この世のなみかぜ騒ぎ・
橋の下/ On The Sunny Side Of The Street/Over The Rainbow/Night And Day/All Of Me

disc2 In A Sentimental Mood/Beatrice/I've Grown Accustomed to Her Face/Cricis/
賛美の宮・牧師説教・感謝せよ主に/Night Walk/Tristeza

disc3 Amazing Grace/祝祷





ワタクシ的ブログT's widowはこちらから





スポンサーサイト
セッション!


アメージンググレイスのセッションです。
撮影は弟。
公開につごうのいいシャッタースピード^^☆”




一緒にやってる高のサックス


写真は出演者の方にはweb上で場所をご用意して
見ていただくことができるようにしたいと思います。
でももう少し待っててくださいね。




この撮影はしゅごさん^^


ブレ写真追加。





撮影はrossoさん


これは暗くていい感じ。オープニングです。
みなさんに見せられるのはここまでですね。。。








ワタクシ的ブログ T's widow はこちらから
*こっちにも1枚載ってます




サウンドチェック
吾◎高◎メモリアルセッション ホストバンドのサウンドチェック (撮影/しゅごッチィガーデンさん)



今回の高のコンサートでホストバンドをしてくださった方々は
実は[Just Friends Quartet (FJQ)] というバンドでライブ活動しておられます。
それぞれ別のバンドで高と一緒にやっていた経験のある方々です。
葬儀の前夜式のときもJFQ+しゅごッチィさんでした。

そのJFQが11/14(土)にライブをします。

ピアノのKito-tanさまが高が亡くなった後
「AtoZ」という曲を高のために書いてくださったそうで
今回その曲もやってくれます☆

Kito-tanさま自信作らしいですよ!
どんな曲かな。。。^^
楽しみだな☆”



Kito-tanさまブログ[音の細道]10/14記事より抜粋

    ~前略~

もうひとつ「AtoZ」、これは救いをイメージした、
小生にしてはめずらしい横文字&メジャーの曲。
どちらも手探りでしたが、なんとか伝えられたと思います。
    
    ~中略~

今回お披露目できた曲は新作ホヤホヤ即初演。
魂のテナーマン吾◎高◎への追悼捧げもの。
これまたアッというまです、10/26で早や1年になります。




Kito-tanさまありがとうございます。
でも私がお礼言うべきことでもないですね。
これはKito-tanさまと高との関係の中でできたもの。
私はただそれを味わいたいと思います。


もちろんライブには私も行きます。
もしかしたら[トリステーザ]もやってくれるかもしれません^^☆




■11月14日(土)20:00〜

Just Friends Quartet
川◎純司(ds) Naoya Rosso(tp) 請◎博己(b) 村◎鍛(p)

Live&Barアフターダーク(南2西7日宝南2条ビル2F :011-261-0890)
charge 1500円





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサートの最後、出演者の演目が一通り終わってセッションになりました。


トリステーザ。


ベースのノリさんが選んだ曲でしたがセッションにいいねということになり
コンガとボンゴなどパーカッションも入り途中からフロント楽器もノリノリで入って
いい選曲でした。
私もコーラスで参加したのですぉ^^



ノリさんは偉大なリスナーで、レコードとかCDの数とか半端ないのです。
どっちかというとプリミティブなマニアックな音楽が好みとお見受けします。
奥さんは私の広告屋時代の同僚であり、みんな同い年で仲良しで
よく一緒に音楽聞きながら肉食べてガボガボ飲みました^^

そんなノリさんが
「吾◎と一緒に音楽をやりたいから10数年放っておいたベースをまたはじめた…」
という話は前から聞いていたけれど、演奏前にも言っておられたのを聞いて
あらためて『こういう友人関係っていいな…』と感動したのでした。



トリステーザはポルトガル語で[悲しみ]。

歌詞の内容は

悲しみよ、私から去ってちょうだい。
泣いている魂は終わりを見ている。
苦しみはもうたくさん。
また陽気に歌いたいのよ。ララララ-


という感じらしいです。(すごく大雑把なご紹介)
希望のない状態をこんな明るい曲でラララと歌い、
サンバで踊ってしまうブラジル人は強い!


今回ノリさんは自作の歌詞で高への思いをのせて歌ってくれました。
すごくいい歌詞なの。
ノリさんの了解を得てご紹介です。
*この歌詞で歌いたいと思う方はここにコメントくださいね。私がノリさんに連絡します。
 きっと喜んでくれることでしょう。





トリステーザ/詩 N.T.

lalalala,lalalalalalala…

トリステーザ 悲しみは今も 続いているけど 寂しくないさ 
君はいつでも 僕の心で ほほえみ続け 素晴らしい 歌を 今も 奏で続ける

lalalala,lalalalalalala…

トリステーザ 君のいない日が 過ぎてゆくけど 寂しくないさ 
いつかまた会える日がくるさ それまで僕らは 一歩一歩 前に進みながら 歌を歌うよ

lalalala,lalalalalalala…





ノリさん、ありがとう!
いい歌詞だな。。。
心は歌詞と裏表。
ホントは悲しいけどでも希望に立っている。
ホントにあのコンサートと私にもふさわしい曲であり歌詞でした。


高…あなたは本当に幸せ者だし、
私も幸せです。。。
天国で会えるまで歌いながら生きていくからね!





私たちはセルジオ・メンデス仕様ではじめたのですが
セルジオ・メンデスのトリステーザはyoutubeになかったのでギターで歌なしですが、こんな曲です。
知ってるでしょ?と言っても知っている人は40代以降かな?私は一発でわかりました!^^;
このギタリストさん、すごく有名らしいです^^;






コンサートは最後、トリステーザから
出演者大勢でアメイジング・グレイス。
ゴスペル風からボサノバ風、デキシースタイル…とアレンジを変え
楽器ソロとボーカルを変えて何コーラスも。。。
会場のみんなも歌って、それから一斉に音出しをやめ、
ただしゅごッチィさんのトロンボーンのロングトーンのみ残る中で牧師の祝祷。
「アーメン」を合図に全員一斉シャウト。
私のへなちょこジャンピングタクトで終了…


という感じでした☆”

実際のタクトはrossoさんですぉ^^;



すばらしかったです。
感謝。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。