スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なごみと励ましの十五夜あたり^^

2008.9.15十六夜のホスピス病棟ディスプレイ1

ケータイ写真で残念なんですけど、前の記事でご紹介したナースステーション前のディスプレイです!
15日と書いたけど昨日16日の写真です。(もう本当はおとといだけど…^^;)
多分15日と同じかと思って。。。(相変わらずいいかげん!)

もうかわいいでしょう?上手でしょう?
ホント癒されますよ~!




写真はボケてますが、ウサギがお団子食べてるの!

2008.9.15十六夜のホスピス病棟ディスプレイ2

高は最近痛みの管理がうまくいっており、非常に前向きです!

今日(17日のこと^^;)から新しいポンプでの痛みの管理もはじまりました。
順調です^^!この装置はいい!これならいけそうです。
外泊までずっとこの装置を院内で使い、これから自宅で使いつづけることを想定して万全に診てもらえます。
感謝です!

明日からリハビリもはじめます。
これは高が希望したことですが、この病院は院長がリハビリの方の専門家だそうで安心です^^
すでにおとといは看護士さんに付き添ってもらいながらも、点滴台につかまりつつ歩き、
玄関から外に1歩踏み出したそうです!(まるで月にでも行ったかのような言い方だね^^;)
前向きな看護にも感謝です!私なら怖くて「やめようよ~」と言ったろうな。。。

ソーシャルワーカーが中心となっての在宅介護に向けてのネットワークも動き出します。
外泊時にあわせ、ソーシャルワーカー、看護士、ケアマネージャー、介護用品店からスタッフが自宅にいらして、自宅で何が必要か、どんなケアが必要かを具体的に見てくださり、また希望も聞いてくださり、手配まで一気に進めるそうです。
なんとも理にかなっていると感心し、安心しています。

いつ何時も、主がそこに働いてくださいますように。。。





さて、私は15日、家から1時間半ぐらいの町に住む両親のもとにきっちょと一泊してきました。
敬老の日だということもあるし、父の誕生日が過ぎたばかり。
在宅になったら実家にはなかなか帰れないし、きっちょもドライブが負担になってくるだろうと。。。

やっぱり自宅は緩みますね。。。


私、自分で自分を両親には心をゆるせない人かと思っていたんですけど、
久しぶりに開放感を味わえましたね~
両親は体が弱りつつ、でもこうして向かえてくれるありがたさをしみじみと感じました。。。
また 『私はまだまだお子ちゃまなんだな』 と改めて思いました。
すっかり甘えてしまった^^;
色々な不安も、長年在宅介護を経験してきた母には言わずとも何もかもお見通し。
気持ちがわかってもらえて、何もアドバイスがなくても自然と前向きになれました。


両親に車購入資金提供を決めたときのエピソードも聞くことができ
家族のありがたさを改めて思いました。


高の家族や親戚もすごくすごく力になってくれていて。。。
いつもは空気みたいに連絡もとらずにいる血縁の愛のパワーを思わずにいられません。



高は本当にたくさんの人に愛されているな。。。私もね^^!



ありがたいです。

感謝です。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。