スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中の悲劇と朝の悲劇

漏水1

昨日の夜は高の調子が特に悪くって…ひどい肩こりともいいますが…
いつも夜は首、肩から背中のマッサージというか、祈りとハンドパワーを送っているのですが^^;
夜勤の看護士さんの手当ての仕方を学びながら21時半ごろまで残っていました。

家に着いたらもう22時。きっちょの散歩に出たのは22時半ごろかしら…
玄関前がそこだけ濡れているなと思ったんですよ。。。『あれ?』と。。。でもスルー。

一方、トイレ前においている棚が邪魔で、高の歩行機が通らないため撤去することにし
なんだかんだで夜中に大忙し。。。^^; 
押し入れ、物置き、車に…と物を分散していきました。
それで23時半ごろ外に出ましたら、なにやら水がチョロチョロ流れる音が…
『なんだ!?』と思いまして道路の方に出てみると、車道の側溝に水が流れ込んでいるんですね。
かなり…春の小川ぐらいに流れているんですよ。

でも水源がないの!
で、さっきの車道の濡れが拡大している。。。

『これはまずいのではないか!?えええ!』と思いまして、
家に入ってタウンページで市の夜間休日受付みたいなところに電話してみたんですね。
そしたら担当部署からコールバックがありました。



漏水2

私  「車道から水が染み出し、春の小川ぐらいの勢いで流れ側溝に落ちています。
    今は止まっているかもしれませんが…」

担  「水道の水は止まりませんよー。噴き出したら40mぐらいまで上がることがありますよ。
    夜は使う人が少ないし、そこは水圧が特に高い地域です」

私  「あら、40m…それは大変ですね^^;」

担  「それは困りますよ…」

私  「本当に困ります」

   … 間 …

私  「で、どうなりましょ^^?」

担  「私、これから行きますから^^ でもここからは30分かかりますよー」

私  「寝ないで待ってます^^;」


担当者さん、東北弁で、なんかなごんだ~
で、上の写真が調査に来てくれた時。。。すでに水溜りが拡大しているでしょう?
このとき12時半ぐらいですね。3人で来てくれました。


担  「奥さん珍しい音聞かせてあげる。これ耳に当ててごらん!」 と電話くれた方。。。

金属の細いパイプの先にゴムか何かでできた集音器が付いていて、
耳に当てると「ゴボボ、ゴ~ゥゴ~ゥ。。。。」という音が聞こえ、
ある点がとても低い音で、そこから離れると段々細くかすかな音になっていくのでした。

で、真夜中ですし業者の選定もあるということで朝までコーンを立ててそのまま放置ですって。
「40mは大丈夫でしょうか?」
「大丈夫でしょう。なにかあったらここに電話ください」
「・・・^^;」



漏水3

今朝はけっこうな雨でしたが、雨が引いたらこんな噴き出しが顔を出していました…
すでにコーンを越えセンターライン側に大きく張り出し噴き出しています。あちこちからこんな感じです。

朝来た水道局の方によると工事は業者を選定して午後からになるとのことでした。



漏水4

今日は午前中高の入浴介助に入る予定でしたが、予定を変えて工事を見守ることにし
午前は介助グッズの買い物に行きました。
帰ってきたらすでに工事が始まっており、いくら掘っても水だらけ。。。


漏水5

何度も間欠泉のように噴き上がって、一度は3mぐらいまでいったと思います。
(逃げていたら撮り逃がしてしまった。。。ガクッ)
今日の3時半ごろようやく止まりました。
ここに分水嶺がありまして、その装置のボルトが錆びて朽ちていたそうです。古いんですね。
幸い急に起きた漏水らしく、うちの方に水が流れ染み込んでいるような様子はありませんでした^^;
砕石が乾いていましたから。。。良かった!

最悪から守ってくださった主に感謝☆!
昨日も夜遅くに帰ってきたからこそ見つけられた漏水でもあったわけで、良くしたものです。
工事家の中でもかなりの振動を伴いましたから、高の帰る前で良かったし!
大変なことだけど面白かったし!
よかったよかった^^!




ところで、2時に2階で寝た私を、きっちょが6時ごろ鳴いて鳴いて起こそうとしてたのですが、
肉体労働もしたし疲れて放っておいたんです。
7時半ごろやっと起きましてカーテンをあちこち開けていましたら

ぬるー。。。。。「ギャーッ!」

きっちょがシッコしてた!真中に足を下ろしてしまった。。。。



間欠泉による水たまりは家の中にもあったのでした。。。orz...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。