スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081205222423
新エッセンシャル聖書辞典より

新約聖書における「死」

~前半略~

新約において、キリストは、最後の敵としての死を滅ぼされると言われる(Ⅰコリ15:26)。キリストの死によって、人間の死は滅ぼされるのである。第1のアダムがその罪によって全人類に死を来らせたように(ロマ5:12)、キリストは、第2のアダム、いのちを与える霊として、その恵みのわざによって死を滅ぼし、永遠のいのちを人類にもたらした(ロマ5:17、Ⅰコリ15:45-47)。キリストにある者に対し、もはや死は力をもたない。死んでよみがえられたキリストの支配のうちにおかれるのである。それゆえ死は、罪の座である肉体の破れであり、人間はもはや自らに頼ることをせず、死人をよみがえさせる神に信頼し(Ⅱコリ1:9)、生においてと同様、死においてもイエス・キリストが、信じる者たちの主であると認識することができる。しかしこれは、キリスト者が肉体の死を体験せずにすむということではない。キリストにある永遠のいのちは、肉体のいのちと死とを越えて将来に向かって開かれている。キリスト者にとって死がすべての終わりでないのは、キリストが死人の中からよみがえられたからである(Ⅰコリ1
5:20)。キリストは、死者の中から最初に生まれた方である(コロ1:18)。キリスト者の希望は実にここにある。

人間の肉体の死は、一粒の種が蒔かれるのに似ている。肉体は死んで葬られる。それは、新しいいのちのための死である(Ⅰコリ15:35-36.53)。地上の肉体は、決して神の国に入ることができない(ヨハ3:6.Ⅰコリ6:13)。地上のものがすべて死ぬということが、神の国に入るための前提である。それゆえ復活のからだは、地上の肉体と同じではない。人間は、死んだ時に地上の肉体を脱ぎ捨て、それから復活の時に新しいからだを受けるのである。人間の卑しい朽ちるべき肉体は終わり、復活のキリストと同じ霊のからだ、神の子の姿となるのである(Ⅰコリ15:42-44)。そして、キリストと共に神の国を継ぐ者とされ、キリストと共に存在し続ける。やがて、新しい天と新しい地を見る時がくる。その時は「以前の天と、以前の地は過ぎ去り…もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない」(黙21:1.4)。

イエス・キリストを信じる者にとって、死ぬことは益とさえ言える。終わりの時は運命ではなく、神の恵みとして与えられる。この恵みに感謝し、そこで神の前に立つために、私たちはこの世と妥協せず(ロマ12:2)、上にあるものを求め(コロ3:1)、その日を待ち望む者として懸命に生きるのである。

はあ~長かった…
ケータイでよく頑張った^^;

あまりに肉体を罪に閉じ込めた記載の気がしないでもないですが、
でも細くて読んでいくとなるほどと思います。
なにより高の信仰を裏付けてくれているようで
整理がつきます。(現在進行形^^;)

写真は新聞のTV欄をチェックする高…

とってもこの世的!ふふ…♪

COMMENT

もときっちょむ URL @
12/06 22:25
あけママさま、ありがとうございます. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真横で、しかも小さくてごめんなさい。。。
PCの管理画面に入れるようになったらもっと見やすくします。。。

素敵な詩ですね^^
冬来たりなば春遠からじですね。。。
楽譜楽しみにしています。

昨晩は高の声を夢で聞きました。
「コーヒー豆買ってくるから!」というものでした^^

きっちょは両足はげてきました。。。
どうぞお祈りお願いします。。。 
あけママ URL @
12/06 10:28
. 新しい朝に感謝!
朝から思いっきり体を横に倒して 高ちゃんにおはようを言いました(笑)

イエスにある勝利。死をも勝利に変えられた主が共におられます。おそれてはならない
おののいてはならない。

今グロリアコールで歌っている讃美に
「祝祷の手のように」があります。
ゆりつぐみさんという 童謡唱歌の作詞者の
詩にT弘先生が曲をつけられたものです。
ちょっと ご紹介します。
  「祝祷の手のように」

桜の咲く谷で うぐいすが鳴く、霧の美しい
山に谷川のみずおとを、聞いている。
やがて 菜の花が咲くと つばめが来るだろう。 家路にふりかえると 咲きこぼれた
桜の枝が 祝祷の手のように 私の上を
おおう。 ねがわくば 主がみ顔を向けて
あなたに 平安をたまわるように。

こごえた季節終わり よみがえる時
ゆきどけに舞うつばさの いやされし
いやされし喜びは ともされしキャンドルの様に
とわに 忘れないだろう
まなざしを ありがとう 
ありがとう 絶えざるいのりは
祝祷の手のような たましいのふるさとよ
ねがわくば 主がみ顔をむけて あなたに
平安を たまわるように。  アーメン

歌うたびに感動します。
楽譜をお家に送りますね。

もときっちょむ URL @
12/05 22:39
あら、横向き!. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ケータイからおくって今PCでチェックしましたら
高の写真が横向きだー!
でも自分の管理画面にまだ行けないのですよ。。。
どうやるかわからないというか面倒でまだやってないといいますか
もっとやることがあってできないといいいますか。。。
まーそのうちー^^;

聖書辞典で「喪」について調べたら
亡くなった人のために泣いて嘆き悲しむ時期のことを言うんですって。。。
今日は思いっきり「喪」でした。
でも高のためならいいや!と思って。。。^^;









 

TRACKBACK http://moonwindow.blog25.fc2.com/tb.php/172-35b076da

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。