スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋割りの不思議とブルー・ラグーン

きっちょをお迎えに実家に行っていました。。。^^ さっき札幌に帰ってきました。
きっちょ、私がいなくなった初日の朝は腰が抜けて歩けなくなったようですが、その後は順調でした。
それどころか散歩中もセラピー活動していましたよ^^ みんなのアイドルでした。
みなさまのお祈りに本当に感謝いたします。。。

グレーの空とブルー・ラグーン

アイスランド初日、レイキャビクのホテルで部屋わりでペアになった奥様に「だんなさんは?」と聞かれ
10月に亡くなったことをさらっと話しましたら、
なんとその方、13年前に20才の長男さんを交通事故で亡くされたそうです。
東京のカメラ学校(その方は写真館の奥さん)に行かせているときで、六本木で即死だったようです。
息子さん側にはほとんど非がなく、でも相手に対する憎しみは不思議とないままこられたと…
それが救いだったと言っていました。

私、高のお母さんの嘆きを知っているので
『部屋割りでこういう方とあたるなんて…こんなこともあるんだな…』と感慨深かったです…(T-T)


その方が「死んだものはもう戻らない…でも時が解決しようもない悲しみもあるよね…
いくら時間がたってもたまに一人になったときは息子の名を呼んで大声上げて泣くよ。
そう。だんなさん10月の末だったの…それはまだまだ悲しいね…」と慰めてくれました。

その方、めっちゃくちゃ元気で前向きな方で、お年は参加者中上から2つ目でしたが誰よりもハツラツでした。
「亡くなった息子の分まで生きるんだ!」って、すごくチャーミングなお顔で笑うの。。。

でもふたりで「この部屋割りも不思議だね…慰めだね」って言いながら泣いて。。。
「経験しないとわからない感情ってあるもんなんだってことだけはわかったよね・・・」と言い合って。。。


私心臓がバクバクいってその晩薬を全部飲んだけどほとんど眠れなかった。。。
飛行機の中でも涙が出て出て、隣の方が眠る中、
一人で『私どうなっちゃうの?』というぐらい泣いてたのですが、
気圧が低いせいで感情の抑えがきかなくなるのかもね…高ぶって寝られないし。。。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


さて、翌日は前の記事の散歩のあとアイスランド観光でした。
まずはブルー・ラグーン!

この写真の場所は人が写っていませんが、全部が天然の温泉プールなの!
日本人にはちょっとぬるめ?
すごく広くて奥はそれなりに深くて。。。
色がミルキーブルーですっごくきれい!


「温泉ていっても向こうは混浴で水着がいるんだから、用意しなさいよ!」と母に言われたのを無視して
私、水着を持っていかなかったんですよ。。。
水着になる気なんてないって言うか…『髪もぬれるし入らなくていいや!』って。。。

ところが雨混じりの曇り空にもかかわらず、あまりのブルー・ラグーンの美しさに
レンタル水着を借りて入りました!
スクール水着みたいで恥ずかしかったけど…^^;

すっごく気持ちよかった!

ミネラルパックの場所があってみんなで顔にあつーく白ーくパックを塗ってあげたりしあいました^^
その顔が面白くて、でも自分の顔は見えないし^^
写真を撮ることができなくて残念^^!


ああ、ブルー・ラグーンまた行きたい!
泥パックがすごく気に入ってちょっと高かったけど自分用に買ってきましたが、
母にあげてしまった。。。

また行くから大丈夫!(ホント!?)



コケと山とブルー・ラグーン(スチーム)

これはバスでブルー・ラグーンの周りを周回しているときバスを停めてくれて撮ったものです。




check me !





COMMENT









 

TRACKBACK http://moonwindow.blog25.fc2.com/tb.php/256-02f5f138

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。