スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりと・・・ジミ花・・・日常の・・・おばあちゃん

今朝軽く高と言い合いになった。。。
なんであんなに必死になって弁解するんだろう。。。
ただ質問しているだけなのに。。。答えになってないよ。。。でも必死。。。それがなんかかわいそうで。。。

一生懸命なんか言っている。。そんなに言いたいことがあるほど行きたいなら行けばいいんだ。

そんなに私は彼を追い詰めているのかな?
。。。と、なんだか自分がイヤになった。。



散歩に出たら、楽しみにしていた色々な花が曇り空の強い風の中で咲き始めていました。

     オダマキの秘密


私はオダマキが大好きで庭でもたくさん増やしています。西洋オダマキでなくてこっちの方。。
これは1株だけゴミステーションのすぐ隣で、地面に顔を向けて咲いていました。
『オダマキちゃん。。撮るの大変だったよ^^ でも、ありがとう。。。すごくきれい!』



    エゾ松の若芽に内緒話・・・山桜の花がら


こないだ雨上がりに車のボンネットじゃなくてルーフ!に散っていた風情のあるお宅の可憐な山桜。。
エゾ松の若芽の上をチラリチラリと紅色に飾っています。

花びらが散った後のシベね。。。それに少し色があせてきています。
でも、若芽になにか内緒話。。。もしかしたら若い芽に恋しているかもしれないですね^^



   誰も知らない・・・ナナカマドの花が開き始めた朝



ご近所のナナカマドの花。。。すごく小さいの。つぼみがぎっしりとついて
花が全部開くと、まるで昆虫の卵が泡だってついているかのように見えるんです。
でも一つ一つの花びらには重さがあって、まるでロウバイのようにしっかりした花弁です。
この花びらが散るときは音がします。

サラサラというか…カサカサというか…カチャカチャというか…

私は以前、真っ暗に見える屯田の森の中で、木漏れ日がまぶしい、でも足元は暗くて見えない。。。
まるで宙に浮いたような空間で、このナナカマドの花のシャワーを浴びたことがあります。
幻想的でした。
蝶が花びらをかわすようにひらりひらりと目の前を横切っていきました。

いつも夢にまで見るあの光景。。。今年は会えるのだろうか。。。?



    名前がわからない。。。^^;



これもご近所の垣根なのです。
下を向いて、すごく小さい花がぎっちりと。。。一見イエローグリーンの葉っぱにしか見えないの。

でもホラ。。。みんなかわいい^^

茶花にいいのかも。。。なんか風情があって控えめで。。。
サクラの茶筒の祖母を思い出しながら書いています。
あそこの庭の想い出はグミの実とシャクナゲしかないくせに。。。(あのころは庭に興味がなくて^^;)

でもやっぱり、似てくるのかも。。。


「おばあちゃん!」

泣きたくなってきたよ。。。


一緒に住んでいたおばあちゃんも
小雨の中、庭木によっかかって根元に体育座りをしながらタバコをぷかり。。。
あの時『このおばあちゃんはあのまま死ぬんだろうな』と思ったっけ。。。(99歳9ヶ月まで生きたけど…^^;)


地味な、目に留められないような花ばなたちは、あなたに似てます。

『私もそうなる』。。。誇りを持って、今そう思う。。。(なれるのだろうか?^^;)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。