スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサート後記 その3  トリステーザとノリさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサートの最後、出演者の演目が一通り終わってセッションになりました。


トリステーザ。


ベースのノリさんが選んだ曲でしたがセッションにいいねということになり
コンガとボンゴなどパーカッションも入り途中からフロント楽器もノリノリで入って
いい選曲でした。
私もコーラスで参加したのですぉ^^



ノリさんは偉大なリスナーで、レコードとかCDの数とか半端ないのです。
どっちかというとプリミティブなマニアックな音楽が好みとお見受けします。
奥さんは私の広告屋時代の同僚であり、みんな同い年で仲良しで
よく一緒に音楽聞きながら肉食べてガボガボ飲みました^^

そんなノリさんが
「吾◎と一緒に音楽をやりたいから10数年放っておいたベースをまたはじめた…」
という話は前から聞いていたけれど、演奏前にも言っておられたのを聞いて
あらためて『こういう友人関係っていいな…』と感動したのでした。



トリステーザはポルトガル語で[悲しみ]。

歌詞の内容は

悲しみよ、私から去ってちょうだい。
泣いている魂は終わりを見ている。
苦しみはもうたくさん。
また陽気に歌いたいのよ。ララララ-


という感じらしいです。(すごく大雑把なご紹介)
希望のない状態をこんな明るい曲でラララと歌い、
サンバで踊ってしまうブラジル人は強い!


今回ノリさんは自作の歌詞で高への思いをのせて歌ってくれました。
すごくいい歌詞なの。
ノリさんの了解を得てご紹介です。
*この歌詞で歌いたいと思う方はここにコメントくださいね。私がノリさんに連絡します。
 きっと喜んでくれることでしょう。





トリステーザ/詩 N.T.

lalalala,lalalalalalala…

トリステーザ 悲しみは今も 続いているけど 寂しくないさ 
君はいつでも 僕の心で ほほえみ続け 素晴らしい 歌を 今も 奏で続ける

lalalala,lalalalalalala…

トリステーザ 君のいない日が 過ぎてゆくけど 寂しくないさ 
いつかまた会える日がくるさ それまで僕らは 一歩一歩 前に進みながら 歌を歌うよ

lalalala,lalalalalalala…





ノリさん、ありがとう!
いい歌詞だな。。。
心は歌詞と裏表。
ホントは悲しいけどでも希望に立っている。
ホントにあのコンサートと私にもふさわしい曲であり歌詞でした。


高…あなたは本当に幸せ者だし、
私も幸せです。。。
天国で会えるまで歌いながら生きていくからね!





私たちはセルジオ・メンデス仕様ではじめたのですが
セルジオ・メンデスのトリステーザはyoutubeになかったのでギターで歌なしですが、こんな曲です。
知ってるでしょ?と言っても知っている人は40代以降かな?私は一発でわかりました!^^;
このギタリストさん、すごく有名らしいです^^;






コンサートは最後、トリステーザから
出演者大勢でアメイジング・グレイス。
ゴスペル風からボサノバ風、デキシースタイル…とアレンジを変え
楽器ソロとボーカルを変えて何コーラスも。。。
会場のみんなも歌って、それから一斉に音出しをやめ、
ただしゅごッチィさんのトロンボーンのロングトーンのみ残る中で牧師の祝祷。
「アーメン」を合図に全員一斉シャウト。
私のへなちょこジャンピングタクトで終了…


という感じでした☆”

実際のタクトはrossoさんですぉ^^;



すばらしかったです。
感謝。




COMMENT









 

TRACKBACK http://moonwindow.blog25.fc2.com/tb.php/304-d2028ce8

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。